腰痛の治し方いろいろ

腰痛の治し方いろいろ

腰痛の治し方には、実にさまざまな方法があります。しかし、基本的には2種類に大別され1つは手術することによって治療する「手術療法」と、他の1つは手術をしないで治療する「保存療法」です。

 

一般的には、腰痛患者の90%が保存療法で治療にあたっているとされています。これは「保存療法」が腰痛治療に適しているということよりも、腰痛を訴える人をレントゲンなどでの画像診断をしても80%を超える人に異常が見られないことから疾患と認めらず、手術を行う必要があると診断される人が少ないということにあるようです。
手術療法が行われるのは「知覚障害、神経麻痺の症状がある」「膀胱直腸障害がある」といった場合や「3カ月以上に渡って保存療法を行っても腰痛が改善されない」場合、また、痛みで仕事に支障があるとか一日も早く治したいといった場合などが手術の対象になるようです。腰痛のはじまった早期に手術を受ければ痛みからの解放も早まりますが、長期的には、再びほぼ同じ状況に落ち着くとも言われています。

 

一方、保存療法は腰痛治療の基本で、具体的な療法には「薬物療法」「理学療法」「神経ブロック療法」「認知行動療法」などがあります。また、こうした療法のほかに、毎日の生活における動作や姿勢の改善は治療になるとともに予防にもなることから、正しい姿勢・腰をいたわる日常動作・腰に良い寝方と寝具といった「日常生活の改善」も効果的な療法と言われています。

 

さらに、腰を支える筋肉強化と関節可動域拡張を目的で行うウォーキングや水中ウォーキングといった「運動療法」、針灸、温熱治療とマッサージ、漢方薬による治療なども保存療法として行われています。