腰痛とは

腰痛とは

読んで字のごとく、腰痛とは腰に痛みを感じる状態のことをいいます。痛み方や症状は原因によって違いがありますが、日本は腰痛大国と呼ばれるほど腰痛を訴える人が多く、8割以上の日本人が一生のうちに一度は腰痛を経験しているとと言われます。ところが、これだけ多くの人が腰痛を訴えていても、レントゲンなどの画像診断では8割もの人に異常が見られないために疾患と認めらず、腰痛の原因が特定されないまま健常者扱いになっているのです。

 

腰痛は、人類が4足歩行から2本足で「直立歩行」へと進化することで担うことになった宿命ともいえる病気と言われます。直立歩行では、体重の1.4倍の力を腰で支えなければなりません。また、腰だけではなく体の中心で柱の役割をしている脊椎や腰椎などに大きな負担をかけているのです。このことで脊椎が変形したり腰椎が負荷によってしなやかさを失ったりすることが、大部分の腰痛の原因になります。

 

一般に、腰痛は2種類に分類されており、重いものを持ち上げようとしたときや前かがみになってモノを拾い上げようとしたときなどに、突然、腰に激痛が走るぎっくり腰ようなタイプを「急性腰痛症」と言い、原因は明確ではないが腰の痛みが長く続いたり、くり返し起こったりするタイプを「慢性腰痛症」と呼びます。

 

なお、腰痛は内臓および血管の病気、泌尿器系の病気に由来することもありますし、心の病気が原因の心因性腰痛もあります。痛みを感じはじめて1〜2週間経過しても改善しないケースや脚裏に痛みやしびれがあるケースでは、専門医の診断をおすすめします。